初期費用を安く済ます情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸契約の内容を確認する

新着情報

賃貸物件契約までの流れ

賃貸物件に入居をするには様々な書類が必要となります。まずは入居申込をし、家賃の支払い能力があるかなどの入居審査が行われます。審査結果に問題がなければ、重要事項説明書による説明を受けます。重要事項説明書には建物の条件や特約・禁止事項などの重要な事柄が記載されています。必ず目を通し、疑問に思う点やわからない点は前もってきちんと確認しておきましょう。それから賃貸借契約書を提出し、契約成立となります。その際、添付書類として身分証明書や収入証明書、住民票などが必要となりますのでそれらの準備もしておきましょう。

契約書類をしっかり確認する

賃貸契約では書類のやり取りが大変重要になってきます。また実印を使いますので、印鑑証明書や住民票などの公的なものを市役所などの公的機関から取得しておく必要もあり、面倒な手続きが待っています。よい物件を見つけたからといってすぐに住めるわけではなく、必要とされる書類をまず用意する必要があるというわけです。また、サラリーマンならば源泉徴収票そしてその他の仕事や途中で退職した人や転職した人ならば、所得証明書を取得する必要があります。これらは賃貸契約書を作成する際に必要となるものです。入居審査にも必要ですから、早めに用意しましょう。